Feature 05

塗り替え

土地に合わせた耐久性のある塗り替え

外壁と屋根の塗り替えは、建物の美観と耐久性を向上させる重要な施工です。長年の経験と専門知識を活かし、最新の塗料と技術を用いて作業を行います。拠点を横浜市に地域に密着した外装のリフォームを提供しています。風土に合わせて、耐久性があり、風雨や紫外線に耐えられる塗料を選定し、建物の外観を長期間にわたって美しく保ちます。最近では、遮熱効果が期待できる塗料が暑さや寒さ対策として注目されています。

品質に妥協しない塗装の高い技術力

塗装作業において、丁寧な下準備が重要なポイントです。また塗り替え前には、古い塗膜を剥離し、表面を適切にクリーニングして整えます。これにより、新しい塗料がしっかりと密着し、美しい仕上がりと耐久性を確保しています。細部への注意を怠ることなく、横浜市で一つひとつの工程に丁寧な作業を行い、品質に妥協しません。塗料の選定も外壁塗装では、非常に重要です。高品質な塗料を厳選し、耐候性や耐久性に優れたものを使用します。また、お客様のご要望に合わせて、塗料の色や仕上げの種類も選定し、建物の外観を美しく演出します。

専門資格を持つ職人が
建物を丁寧に点検

一級塗装技能士や外壁塗装に関わる有資格者が在籍しており、高い専門知識と技術を持っています。信頼性の高い専門資格であり、経験豊富な職人が外壁の点検から施工までを適切に行います。なお塗り替え作業だけでなく、点検も重要な要素として位置づけています。劣化や傷みがある場合には、必要な修繕や補修の範囲を見極めていきます。塗装の前提条件を整えることで、塗料の密着性と耐久性を向上させ、長期間にわたって美しい仕上がりを提供します。お客様の建物の状態を詳細に確認し、横浜市で最適な塗装プランを提案します。

外壁塗装で使用される塗料の種類

外壁塗装は住宅やビルの外観を美しく保ち、建物の寿命を延ばすために非常に重要な作業です。使用される塗料の種類によって、塗膜の耐久性、防水性、汚れ防止効果などが大きく異なります。ここでは、外壁塗装で広く使われる主な塗料の種類とその特徴を紹介します。

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂塗料は、外壁塗装で最も一般的に使用される塗料の一つです。高い耐候性と耐薬品性を備え、紫外線による劣化にも強いのが特徴です。また、塗膜が柔軟性に富むため、ひび割れが起きにくく、長期にわたり美しい外観を保つことができます。さらに、様々な色調が得られることから、デザイン性の高い外観を実現するのにも適しています。

シリコン樹脂塗料

シリコン樹脂塗料は、優れた耐候性と防カビ・防污染性能を併せ持つ高機能塗料です。通気性と撥水性に優れ、結露による汚れの付着を防ぎます。また、光沢感があり、色落ちが少ないため、長期にわたって美しい外観が維持できます。一方で、価格が高めなのが欠点です。

フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂塗料は、最も高い耐候性と汚れ防止効果を誇る高級外壁塗料です。極めて強い結合力により、塗膜の劣化や剥がれが起こりにくく、20年以上の長期にわたって美しい外観を保つことができます。また、優れた撥水性と汚れ防止効力により、つやのある美しい外観が長期間持続します。ただし、価格が高額であることが欠点です。

ユレタン樹脂塗料

ユレタン樹脂塗料は、強靭で柔軟性に富む塗膜を形成し、ひび割れや剥がれに強い耐久性を発揮します。また、優れた耐薬品性と防汚性を備えており、工場や化学プラントなどの過酷な環境下でも使用可能です。一方で、熱や紫外線に弱いため、屋外の外壁塗装には不向きな面もあります。

水性塗料

近年、環境に配慮した水性塗料の需要が高まっています。水性塗料は溶剤を含まないため、塗装時の臭気が少なく、作業性に優れています。耐久性や耐候性も改良が進み、外壁塗装にも広く採用されるようになってきました。低価格が特徴ですが、耐久年数が短いのが欠点です。

以上が、外壁塗装で使用される主な塗料の種類とその特徴です。用途や予算、求められる性能に応じて、適切な塗料を選択することが重要です。外壁塗装を検討する際は、専門家に相談して最適な塗料を選ぶことをおすすめします。

外壁塗り替えのタイミングについて

外壁の塗り替えは、建物の外観を保つだけでなく、外壁の劣化を防ぎ、建物の寿命を延ばすためにも非常に重要です。しかし、適切な塗り替え時期を見逃してしまうと、外壁の損傷が深刻化し、修繕費用が高額になる可能性があります。そこで、外壁塗り替えの適切なタイミングと、外壁が劣化しているサインについて解説します。

一般的に、外壁の塗り替え周期は10年から15年と言われています。ただし、これは1つの目安に過ぎず、実際の塗り替え時期は、外壁の素材、塗料の種類、気候条件、建物の向きなど、さまざまな要因によって変わってきます。例えば、西日が当たる外壁は、紫外線による劣化が早く進行するため、より早めの塗り替えが必要になります。

外壁の劣化の兆候を見逃さず、適切なタイミングで塗り替えを行うことが重要です。外壁に以下のような劣化サインが現れた場合は、専門家に相談し、塗り替えの検討が必要です。

塗膜のはがれ塗

膜のはがれは、外壁劣化の最も明確なサインです。はがれが目立つようになれば、その部分から雨水の浸入が始まり、外壁の内部までダメージが及ぶ可能性があります。

ひび割れ

塗膜や外壁材にひび割れが入ると、そこから雨水が浸入し、サビや剥離が進行します。ひび割れが広がれば、外壁全体の強度低下にもつながります。

変色・色あせ

外壁の変色や色あせは、紫外線による劣化の兆候です。放置すると、次第に塗膜の劣化が進行します。

カビや苔の発生

外壁にカビや苔が発生していれば、その部分に水分が溜まっていることを示しています。このままにしておくと、サビや剥離につながります。

サビ

外壁材にサビが発生している場合、素材自体が劣化している可能性があります。サビが広がれば、外壁の強度が低下します。
これらの劣化サインに早めに気づき、適切なタイミングで外壁の塗り替えを行うことが重要です。放置しておくと、修繕費用がかさむだけでなく、建物の寿命も大きく左右される可能性があります。定期的な外壁の点検と、専門家へのアドバイスを仰ぐことをおすすめします。
外壁は建物の顔ともいえる重要な部分です。適切な塗り替えのタイミングを逃さず、日頃から建物の状態を観察することで、美しく安全な外観を維持し、建物の長寿命化につなげることができるのです。

川崎市の外壁塗装相場を解説

外壁塗装は家の寿命を延ばす重要なメンテナンスです。特に川崎市のような潮風や雨風の影響を受けやすい地域では、定期的な塗装が不可欠です。ここでは、川崎市の外壁塗装の料金相場、必要な諸費用、そして塗料の種類ごとの耐久年数と料金相場について詳しく解説します。

坪数ごとの塗料別の料金相場

川崎市での外壁塗装相場は、使用する塗料の種類と家の坪数によって異なります。一般的に、家の規模が大きくなるほど、料金は少し下がる傾向にあります。以下に、主要な塗料別の坪数ごとの料金相場を示します。

アクリル塗料:耐久性が低いが、料金が最も手頃。小規模(30坪未満)の家であれば、坪あたり12,000円から15,000円。
シリコン塗料:中程度の耐久性とコストパフォーマンス。30坪の家で坪あたり18,000円から22,000円。
ウレタン塗料: 耐久性に優れ、多少高価。30坪で坪あたり20,000円から25,000円。
フッ素塗料: 最も耐久性が高いが、料金も高い。30坪で坪あたり25,000円から30,000円。

塗料以外に必要な諸費用

外壁塗装の際には、塗料のコスト以外にもいくつかの諸費用が必要です。

足場の設置費: 外壁塗装を行うためには、安全な作業のために足場が必要です。この料金は建物の大きさや形状によって変わりますが、一般的に坪あたり5,000円から10,000円程度が目安です。
高圧洗浄費:塗装前の壁面を清掃するため、高圧洗浄が行われます。これには坪あたり2,000円から4,000円の料金がかかります。
養生費:塗装スプレーが窓や扉にかからないように保護するための費用も必要です。全体で数万円程度が一般的です。

塗料の種類別の耐久年数と費用相場

塗料の種類によって、その耐久年数と料金が大きく異なります。

アクリル塗料:約5年から7年の耐久年数。コストパフォーマンスが高いが、頻繁な塗り替えが必要。
シリコン塗料:約10年から12年の耐久年数。初期費用は高めだが、中長期的には経済的。
ウレタン塗料:約13年から15年の耐久年数。塗り替えサイクルが長いため、長期的なコスト削減に貢献。
フッ素塗料:約20年以上の耐久年数。最も初期費用は高いが、その耐候性と持続性で長期的なメンテナンス費用を抑えることができる。

川崎市で外壁塗装を検討する際は、これらの情報を参考に、自宅に最適な塗料を選び、適切な予算計画を立てることが重要です。耐久性と初期費用のバランスを考えながら、長期的な視点でコストパフォーマンスの高い選択を心がけましょう。

外壁塗装の見積り書でチェックするポイント

外壁塗装を行う際、適切な業者を選ぶ一つの基準として、見積り書の内容がどれだけ明確で理解しやすいかがあります。私たち外壁塗装業者から見ても、お客様に納得していただける見積り書を提供することは非常に重要です。ここでは、外壁塗装の見積り書をチェックする際に注意すべきポイントを、業者の視点から詳しく解説します。

1. 見積り書の詳細性と透明性

まず、見積り書は非常に詳細であるべきです。作業項目ごとに、何のためにどれだけの費用がかかるのかが明確に記載されていることが重要です。例えば、足場の設置、高圧洗浄、下地処理、塗料の種類と量、作業時間など、すべての項目が個別に記載されているか確認しましょう。

2. 合計金額だけでなく内訳もチェック

多くの見積もりでは、合計金額が注目されがちですが、内訳を詳しく見ることが肝心です。内訳をチェックすることで、どの作業にどれだけの費用が計算されているのかが分かります。不明瞭な費用が含まれていないか、また、見積もりが安すぎる場合は使用される材料の質や作業の丁寧さに問題がないかも確認しましょう。

3. 塗料の種類とグレード

塗料の種類は外壁塗装の質と費用に直接影響します。高品質な塗料を使用することはコストが上がりますが、耐久性が増し、長期的に見ればメンテナンスコストを抑えることができます。見積り書には使用する塗料のブランド名やグレードが明記されているか、確認してください。不明な点があれば、それがどのような塗料か、詳細を業者に尋ねることが大切です。

4. 諸費用の明記

外壁塗装の見積もりには、主な作業費用の他にも諸費用が含まれることがあります。これには、養生費、清掃費、廃材処理費などが含まれます。これらの費用が見積もりに含まれているか、またそれぞれの費用が妥当かどうかを検証しましょう。

5. 保証の内容

塗装工事には保証が伴います。見積り書には保証期間や保証の範囲が明記されている必要があります。長期保証が提供される場合、それが何をカバーしているのかを理解することは、後々のトラブルを避けるためにも重要です。保証内容に疑問があれば、その点をクリアにしておくことが望ましいです。

6. 業者の評判と実績

見積り書を提出する業者の評判や過去の実績も重要です。業者選びの際には、口コミやオンラインのレビュー、過去の施工例を確認し、信頼できる業者から見積もりを取ることが大切です。良質な見積もりは、信頼できる業者からのものであることが多いです。

これらのポイントを踏まえ、外壁塗装の見積り書を慎重にチェックすることで、後悔のない塗装工事を実現できます。正確で透明性の高い見積もりは、業者と顧客との信頼関係を築く上で非常に重要な要素となります。

Access

アクセス

株式会社東亜Group

住所

〒231-0006

神奈川県横浜市中区南仲通4-46-1

ラパンビルディングⅡ 402

Google MAPで確認する
電話番号

050-1313-2378

050-1313-2378

045-294-7063

045-294-7063

営業時間 9:00~18:00
定休日 無し

設立年月日

令和4年(2022年)3月

資格・免許

塗装技能士 1級 2級

有機溶剤作業責任者

カラーコーディネーター2級

足場組立作業責任者

外壁劣化診断士

雨漏り診断士


事業内容

外壁塗装

屋根塗装

屋根工事

水回り工事

内装工事

従業員数

42名

代表者

代表取締役 山崎優太

アクセス

馬車道駅からすぐの場所に位置し、店内にはご相談用のブースを完備しています。年中無休で対応していますので、お忙しい方も、お子様連れの方も気軽にご利用いただけます。

洗練された統一のある外観に塗り替え

お客様のご要望に合わせて、横浜市で屋根と外壁の塗り替えを同時に行っていただけます。建物全体の一体感を演出し、美しい外観を実現します。また、素材や色味も統一させることで、調和の取れたデザインがより洗練された印象を与えます。お客様の好みに合わせて、外壁塗装に使用する素材や色味を調整します。建物のスタイルやデザインに応じて、統一感のあるカラープランを提案します。素材の選択にもこだわり、耐久性や防水性に優れた塗料を使用することで、建物の耐久性を高めます。

Related posts

関連ページ